家具も消費の対象になりかけている今、
壊れても破れても、修理をして使い続けるということを選択してくださる方がいると嬉しく、そしてほっとします。

僕は20代の頃ヨーロッパの田舎町で生活していたことがあります。
僕が暮らしていた町では、家具は壊れてしまっても修理して使い続けることが日常でした。

日本の様に無数に選択肢があり、いつでもなんでも手に入るような環境ではなかったということも理由の一つですが、
『良いものを永く使う』という精神が前提にありました。

そのため生活スタイルの変化でどうしても手放さないとならなくなった時でも「永く使ってきた良いもの」なので「捨てる」選択はなく、次に使ってくれる人を探し譲り渡したり、リセールすることが普通でした。

現在の日本はどうでしょうか。

今は安価な家具が買えてしまう時代です。
3.4万でソファが、5万円でダイニングテーブルと4人掛けの椅子が買えてしまいます。
もしその商品が壊れてしまった時に、商品代と同等の金額を支払って修理をする人はどれ位いるのだろうか?
生活スタイルが変化する時にその家具たちはどこかへ受け継がれるのだろうか…?

道端で廃棄シールを貼られた家具を見かけるとなんとも言えない気持ちになります。

安価なものを否定しているわけではありません。

価格が安いものであっても高いものであっても、
「永く使い続ける」はもちろん「壊れた時に修理をしてでも使いたいか」という視点を持って家具を選択してくれる人が増えたら嬉しいです。

そうすれば必要以上に生産される事が減り、さらに廃棄される物も減っていくのでは…と思います。

僕は様々な選択肢がある中で「永く使い続けられる」「生活を豊かに出来るもの」を今後も提案し続けていきたいです。

 


主に北欧ヴィンテージ家具の修理修繕を行なっています。

がたつき・ゆるみ・外れなどの修理、割れ・剥がれ・傷の修理、研磨による表面の汚れや小傷落とし、オイル仕上げ・ラッカーなどの再塗装など。

また、ソファーなどのウレタン交換、生地の張り替えも自店にて行なっております。

他店でご購入頂いた商品も対応致します。
*家具の状態、仕上げ、素材によっては、修理をお引き受けできない場合もございます。予めご了承くださいませ。

置き型式のクッションの張替についてはこちらでご確認下さい。⇨<Reupholstering>

Mail Form

Price

テーブル

全体のサンディング(傷・汚れ落とし) ¥10,000〜
欠け、割れの修理 ¥3,000(ヶ所)〜
仕上げ(オイル仕上げ) ¥12,000〜

ストレージ

全体のサンディング(傷・汚れ落とし) S ¥7,000〜
M ¥10,000〜
L ¥15,000〜
欠け、割れの修理 ¥3,000(ヶ所)〜
仕上げ(オイル仕上げ) S ¥5,000〜
M ¥8,000〜
L ¥13,000〜

3人掛けソファ(木製フレーム)

全体のサンディング(傷・汚れ落とし) ¥10,000〜
欠け、割れの修理 ¥3,000(ヶ所)〜
仕上げ(オイル仕上げ) ¥12,000〜
ウェービングバンドの交換 ¥9,500〜
ウレタン交換 ¥26,000〜
生地の張り替え(置き型パッド式) ¥46,000〜(生地代別)

2人掛けソファ

生地の張り替え(置き型パッド式) ¥35,000〜(生地代別)

1人掛けソファ/ダイニング椅子(木製フレーム)

全体のサンディング(傷・汚れ落とし) ¥6,000〜
欠け、割れの修理 ¥3,000(ヶ所)〜
仕上げ(オイル仕上げ) ¥12,000〜
ウェービングバンド交換 ¥4,500〜
ウレタン交換 ¥10,000〜
生地の張り替え(置き型パッド式) ¥23,000〜(生地代別)

椅子(ダイニング用)

ウェービングバンド交換 ¥3,000〜
ウレタン交換 ¥4,000〜
生地の張り替え ¥4,500〜(生地代別)