Borge Mogensen Book Shelf with Upcycle Legs

  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具
  • Borge Mogensen ボーエ・モーエンセン Book Shelf with Upcycle Legs / ihållande Original 再構築家具

Production: ihållande x quiet space tool and furniture
Year: July 2021
Size: Width1350mm Depth260mm Height1280mm
Material: Oak and Plywood

【Reconstruction = 再構築】
をコンセプトに製作をしたihållandeオリジナルアイテムです。

ビンテージ家具の仕入れをしていると、
「ダメージが大きく、修繕が困難なもの」「パーツだけが残っているもの」と出会う機会が頻繁にあります。
こういったアイテムはそのままでは再利用が難しい為、放置されたり処分されてしまうことが殆どです。
そこでイホランデでは出来る限りヴィンテージパーツを活かし、家具の”再構築”が出来ないかと考えました。

「利用価値がなく処分されてしまうものにデザインを加え、新しい価値を生み出す」

——————

2019年にスタートしたこの再構築家具も第4段となり、
今回もquiet space tool and furnitureとのコラボレーションです。

僕が普段行なっているヴィンテージ家具の”修繕”はオリジナルに出来る限り近づけ、違和感の無いように復元することを目指しています。

ただ、上でも述べたようにダメージが激しいものやパーツがないものなどは修繕に時間と労力、そして費用が掛かります。
また修繕を行っても満足のいく仕上がりにならないこともあります。

そこで、修繕という形では無く新しい価値観で手を加え、新しい作品に作り変える再構築を思いつきました。

前回で言えばいわゆる高級家具材のマホガニーにメラミンを貼り、ラワンの板を取り付けたり、
今回の再構築家具では全く違う素材であえて違和感を作り出し、その違和感も作品として成立させてしまおうという挑戦的なプロジェクトでもあります。

今回は工房に眠っていた残材の積層合板と上質なヴィンテージオークの組み合わせ、そして四角い箱と丸い脚という強いコントラストが目を引く作品となりました。

——————

本体はBorge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)がスウェーデンのKarl Andersson & SönerのためにデザインをしたØRESUND(エーレスンド)の本棚です。

もともと脚は無く、棚受けのワイヤーも無く、さらに方立の下部に損傷がありました。

棚受けは本体のダボ穴をあけ直し真鍮製の棚ダボ仕様に変更しました。
方立の損傷は修理跡はありますが使用に問題のないようにリペアしました。

脚はquiet spaceさんの工房で眠っていた積層合板の残材の中で、奇跡的にサイズなどがぴったりだったものを提供して頂き製作しました。高さが約100mmの円柱形で、様々な樹種の積層合板がランダムに重なっている為それぞれ模様が異なります。
本をたっぷり入れた際の耐久性を確保する為左右だけで無く中央にも脚をつけました。脚はウレタン塗装をしていますので合板のザラザラ感は殆ど無く滑らかな仕上がりです。(脚は固定しているので取り外しは出来ません。)

恐らく、本棚本体は初期(1950年代後期頃)の製品だと思われ、経年変化によりオーク材が深みのある橙色になっています。

仕上げはラッカー塗装の上にワックスで仕上げています。

棚板は全部で5枚あります。全て30mmピッチで高さ調整が可能です。
写真のようなレイアウトであれば左側に単行本など、右側に大型の洋書を入れると良さそうです。
写真の棚板高さは以下の通りです。
左: 上から265,270,270,270(mm)
右: 上から360,365,370(mm)

*こちらは一点物になります。

  • quiet space tool and furniture

    “QUIET SPACE FOR QUIET LIFE” 平穏な暮らしのための穏やかな空間造りをコンセプトに、長野県山形村でご夫婦で活動されている家具ユニットです。 Directorであるご主人の、ユーモアとスピード感のあるディレクション。 Craftsmanである奥様の、繊細で温かみのある作品。 絶妙なチームワークで作品が生まれています。