Kaj Blomqvist
Vintage “Pahka” Vase Green Kumela

Sold

Designer: Kaj Blomqvist
Manufacture: Kumela
Period: 1970s-80s
Country: Finland
Size: width 140mm height 230mm

フィンランドのガラスデザイナーKaj Blomqvistが、ガラスメーカーの「Kumela」でデザインを手掛けた花瓶です。

「Pahka」という名前がつけられた作品で、
英語ではバール(Burl)と呼ばれ、木の根元などに出来る瘤(こぶ)を指します。
この瘤はチーク、ローズウッド、メープル、ウォールナットなど様々な木材に発生しますが、その原因は解明されていません。さらにこの瘤は希少価値が高く、切断面が美術品のように美しいため楽器、家具、工芸品などに使用されてきました。

私が最初に見たときは岩や氷をイメージしましたが、
瘤ができた木の幹を再現した花瓶で、森林の多いフィンランドらしいデザインですね。
分厚いガラスで作られているためずっしりと重いです。

色は写真右側のグリーンのものです。当時はブルー、パープル、アンバーなどの展開もありました。

Condition:
状態は内側に若干の汚れがありますが傷などはなく綺麗です。
「Oy Kumela Kai Blomqvist」というカットサインが残っています。

Sold

※こちらの価格には消費税は含まれておりません。
※送料は別途発生いたします。
※オンラインでのご注文の際、[店頭受取]もお選び頂けます。
※複数の商品を同時にご注文する場合、実際よりも高い送料が設定されてしまいます。
(後ほど差額返金処理をさせて頂きますのでそのままご注文下さいませ。)