Bengt Ruda
Safari Chair Beech

Sold

Designer: Bengt Ruda (1918-1999)
Origin: Sweden
Period: circa 1960
Size: width630mm depth620mm height690mm sh390mm
Model: Cikada Chair

スウェーデンのデザイナーBengt Rudaによるサファリチェアです。

1960年代にデザイン・製作されたもので、
台形のサイドフレームと前後4本の丸棒で構成されています。

サファリチェアなのでバラして持ち運びも出来ます。
実際分解することは無いかもしれませんが、背面を上に抜き取り、座面の紐を緩め、前後の丸棒を外してしまえば簡単に分解が出来ます。

前後の丸棒は接着剤等で固定されておらず、座面帆布を巻きつけることで固定されます。

華奢でクッションもなく座り心地はあまり期待出来ないのでは…と思われそうですが、そんな事は全くなく帆布が体を柔らかく包み込む心地よさを感じて頂けます。
安定性も十分あります。

フレームのビーチ材は飴色に経年変化し、ビンテージの味わいがあります。
シート部分は帆布生地で新しく製作しました。

Condition:
フレームのコンディションは綺麗です。
革製の肘掛には経年によるシミなどがありますがそこまで目立つものではありません。
レザークリームでクリーニング済みです。

Sold

※こちらの価格には消費税は含まれておりません。
※送料は別途発生いたします。
※オンラインでのご注文の際、[店頭受取]もお選び頂けます。
※複数の商品を同時にご注文する場合、実際よりも高い送料が設定されてしまいます。
(後ほど差額返金処理をさせて頂きますのでそのままご注文下さいませ。)

Related Collections